MENU

エバーグリーン電気の料金は?切り替えると幾らお得かシミュレーションしてみた【動画】

切り替えると安くなる・・・とは言われるものの、実際自分の場合はどうなの?ってのが気になる方も多いハズ。

そこで、この記事では、実際の利用料金がどれくらいになるのか、シュミレーションを使って確かめてみました。

シミュレーションの使い方についても記載してまうので参考にどうぞ。

目次

エバーグリーン電気の利用料金はいくら?

一般のお宅で使用している「従量電灯B」のプランを切り替える場合、現在契約中の電力会社と「契約A数」をもとに計算されます。

シミュレーションを始める際は、検針票を手元にもってきてから行うと、かなり近い数字が出てきますのでオススメですよ。

なお、出来れば直近の検針票があるのが理想ですが、なければ半年前などでも大丈夫です。

○○電力、契約A数、使用量kWh、そして○月分という4つの情報があればシミュレーション出来ますのでご安心ください。

検針票で「必要な情報」が書かれている部分

申込みやシュミレーションに必要な情報が書かれている部分

画像の枠で囲った部分だけでOK、この情報をシミュレーションページの項目に埋めるだけです。

このシミュレーションでは1年分のおよその使用量と、その場合、どれだけ安くなるかが表示されます。

入力した月以外は、平均的な1年間の使用量割合を掛けて自動で算出されますので、若干の誤差はあるかもしれませんが、かなり近い数字が出てきます。

電気代を使う人になればなるほど、結果に驚くと思いますよ!

私の場合でシミュレーションしてみた

基本情報

住所・・・関東圏
家族構成・・・5人家族
電力会社・・・東京電力
契約内容・・・従量電灯B / 40A
対象月・・・4月
使用量・・・381kWh

私と妻、子供3人の普通の家庭です。

東京電力さんのエリアに住んでおり、既に新電力に切り替え済のため、見つけたのは31年4月の検針票だったのでそれでシミュレーションしてみました。

ちなみに契約内容と使用量は記載のとおり、オール電化ではありません。

シミュレーション結果

4月分を入力するだけで、年間のおよその使用量が算出されます。

東京電力のままだと、年間で137,091円掛かるところ、エバーグリーン電気に切り替えると128,115円で済むので、年間約9,000円も節約できることになります。

もっと電気を使う人だとお得度が上がっていくので、一度ご自身で試してみると良いですよ!

シミュレーションのやり方

まずは、検針票を用意してから、エバーグリーン電気のシミュレーション・ページを表示させます。

>>エバーグリーン電気シミュレーション・ページ

私の例で実際にシミュレーションしてみたものを動画にしましたので参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

切り替えるだけで私の場合、年間9,000円も安くなることがわかりました。

切り替えはとても簡単ですし、まだ大手電力会社の契約をしているとだいぶ損しちゃいますよ?

この機会に新電力デビューしてみてはいかがでしょうか?

目次
閉じる